船橋市のガラス修理ならお任せ下さい。

ワンステップ

船橋市のガラス修理【ポイントとFAQ】

船橋市でガラスの修理が必要な方は、迷わずワンステップをご利用ください。
割れたカラスの修理、交換以外にも、鍵のトラブル、お風呂場の鏡の交換、食器棚やテーブルトップの修理、サッシ窓の戸車やゴムパッキンの交換など、様々なトラブルに対応可能です。
気になるガラスの修理費用や交換費用は、フランチャイズ店のように依頼する側にとっては余計な中間マージンが発生しない分、費用負担を大幅に抑えることができます。

ガラス修理 船橋市

空き巣や泥棒に入られた場合は、窓ガラス以外にも鍵の修理や交換が必要になるケースも多くみられますが、ガラスの修理と鍵の交換も、その場で一度で済ませることができるため、料金も時間もセーブできます。
お電話いただければ、コールセンターを挟まないでダイレクトにつながりますので、面倒な状況説明も一回で終えられ、余分な手間を省くことも可能です。
電話口で、おおよその金額を算出してお伝えすることもできますので、それを確認した上でご依頼いただけるかを決めていただければ結構です。
毎日朝8時から夜8時まで、フリーダイヤルにてお問い合わせを受付けしておりますが、柔軟に対応させていただきますので、ガラス修理に関することなら、何なりとお気軽にご相談ください。

01ガラス修理のポイントとは

防弾ガラスでもない限り、家の窓ガラスは飛来物や誰かが間違って激突することなどで割れてしまいます。ガラスが割れると、見た目だけではなく防犯性など生活にいろいろな不都合が起きますので、一刻も早い修理が必要になります。
その気になれば自分でもガラス修理を行うことは可能ですが、そのためには新しいガラスの他にも道具が必要となり、DIYを趣味にしている人でもない限り素早い対処はできません。
したがって、窓ガラスが割れたときには、専門の修理業者に依頼すればいいわけですが、その場合は生活環境に応じて最適なガラスを選択することがポイントになります。
既存のガラスに交換してもらえば問題ありませんが、最近では以前にはなかったさまざまな機能性を備えたガラスも登場しています。
たとえば、割れにくい防犯ガラスや、結露が起きにくい断熱性に優れたガラスや、外に音が漏れにくい防音ガラスや、外から中が見えないような機能を持つガラスもあります。
二重サッシからペアガラスに変える場合はサッシの交換も必要になりますが、そうすることでも結露が起きにくくなったり、快適な生活が送れるようになったりするので、いろいろな面を考えてガラスの修理を行いましょう。

02初めてガラス修理をする方に知っておいて欲しいこと

ガラスはちょっとした衝撃でも割れたり破損しやすかったりするものですが、それでも家の窓ガラスというのは滅多に割れるものはないため、ガラス修理業者を呼んだことがないという人の方が多いことだと思います。
今ではインターネットで「ガラス修理」と地域を入れて検索すれば、エリア内にあるガラス修理業者を容易に見つけることができますが、適当に業者を選んで依頼をしてしまうと、予想以上に高い修理代を請求されることもあると思いますので、1社に絞るのではなく、できるだけ多くの業者に問い合わせて相見積もりをとることをおすすめします。
電話をかけるときには、ガラスの種類とサイズと割れた場所を確認しておくことが大事で、そうすることでより正確な金額を出してもらうことができます。
ガラスについて詳しいことを知らなくても、それが透明で平らの普通のガラスなのか、曇りガラスなのかワイヤー入りなのかを伝えて、メジャーなどを使ってできるだけ正確なサイズを測りましょう。
業者選びでは、修理代以外にもスピードや電話での対応なども総合的に判断して、信頼できるガラス修理業者を選択しましょう。

初めてガラス修理をする方に知っておいて欲しいこと

03ガラス修理に関することで良くある3つの悩み

1.どんなガラスでも修理できるの?
装飾ガラスや古いガラスなどは全く同じガラスにならないこともありますが、ガラス修理店であれば基本的にあらゆるガラスに対応しています。
窓ガラスはもちろん、玄関ドアや食器棚やガラステーブルなど、ガラスに関連することで分からないことがあれば、まずは修理店に問い合わせをして質問してみることをおすすめします。
また、特殊ガラスは注文になる場合もあり、修理に時間がかかることもありますが、応急処置はしてもらえるので安心です。

2.ガラスの種類が分からないけど大丈夫?
ガラスの種類が分からない場合は、電話などで問い合わせたとき修理店に聞かれた質問に答えるだけで大丈夫です。
一般的なガラスであれば現場で修理が可能で、同じガラスがない場合は注文になるケースもあります。

3.ガラスのサイズが分からなくても問題ない?
ガラスの修理を依頼する際に、ガラスのサイズを尋ねられることがありますが、メジャーなどがなく正確な寸法を測ることができなくても、身近にあるもので大体のサイズが分かるように、ガラス修理店のスタッフが質問して対応してもらうことがあるので、なんの心配もいりません。

04一般ガラスの種類を紹介

建物にはガラスが付き物ですが、一般ガラスと呼ばれる住宅やマンションなどで使用されるガラスには主に「フロートガラス」「型板ガラス」「すりガラス」「網入りガラス」「強化ガラス」などがあります。
フロートガラスというのは、厚みが2〜19mm程度の透明板ガラスのことで、最近主流のペアガラスや防犯ガラスなどにも使用されています。
型板ガラスは、片面がざらざらの模様をしていて、透視を遮る目的で使用されます。厚みは2mm、4mm、6mmで模様はいろいろありますが、最近では梨地とかすみの2種類となっています。
すりガラスはケシガラスとも呼ばれていて、白っぽく曇っているガラスのことで、2mm、3mm、5mmの3種類の厚みが用意されています。
網入りガラスは、ガラスに網が入っているもので、網の形はひし形、クロス、縦線などが用意されています。磨きと型板があって、厚みは一般的には6mmか8mmですが、ひし形と縦型には10mmも用意されています。
強化ガラスとは厚みが4〜12mmで、4mmのガラスは主に学校で利用されていて、8mmと10mmのガラスはマンションなどのエントランス部分のFIXなどに使用されています。

05千葉県と茨城県はお見積り無料でガラス修理にご対応

千葉県千葉市や船橋市を中心にガラス修理を行っていて、茨城やその他のエリアにも対応しています。
船橋市は千葉県の北西部に位置している、人口約64万5千人の中核都市です。県庁所在地である千葉市に次いで2番目に多くの人たちが船橋市で暮らしています。
東京からは20qの位置にあり、都会と自然が調和した住みやすい街です。内陸部には住宅地と工業地、商業地、農地が広がり、沿岸部には恵み豊かな干潟「三番瀬」があります。
昭和12年に船橋町、葛飾町、八栄村、法典村、塚田村の2町3村が合併して誕生した船橋市は、当初は人口がわずか4万3千人ほどでした。そこから80年かけて、全国でも有数の人口を擁するようになり、豊かな産業や文化を誇れる街に成長を遂げました。
市内には9路線35駅もの鉄道網があって都心へのアクセスも良好で、東京メトロ東西線の西船橋駅から東京の大手町までは約24分で、JR総武線の船橋駅から東京駅までも同じく約24分で行き来できるようになっています。
船橋市では農業が盛んに行われていて、野菜類を中心として、果樹、畜産など多彩な営農を行っていて、県内でも有数の農業生産地です。東京にも近いことから、都心の生鮮食料供給地としての役割も担っています。

FAQ一覧

ご相談は無料となっております。 是非ご利用ください。

PageTop